酒粕倶楽部

sakekasu.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 18日

酒粕の作り方?...いや...できてしまい方...タイトルに悩む!

酒粕の作り方?...いや...できチャイ方??...タイトルには悩むなぁ!こういうの!。
今回は、「酒粕が、ほら・こうしてデキるんだヨ」というドキュメンンタリー
ごく普通には、お酒ってどうやって作るの?デキルの?と興味を示す人は多いけれど、
「酒粕ってどんな風にして作るの」と考えたり、知りたいと思う人は少ないかも。
「お酒と酒粕」...、「豆腐とおから」の関係に似てる?...確かに...アル意味では...。
でも!違う!。話を戻そう!。

もろみになったお酒を、澄んだ清酒にするための「搾りの方法」はたくさんあります。
今回は、土佐山田=高知県の酒「文佳人」の蔵の協力を得て、「搾り」の実際を現場・公開しましょう。
まずは下の画像のご説明から。
左は、蔵の奥にある「槽搾り」の現場です。ここでは、二種類のやり方をしています。
右は、搾ったお酒がきれいに澄んで、チョロチョロと出てくるところです。
d0003488_16524611.jpg
上の左の画像の右手のプレス機では、アルミ板を使うしぼり方(ヤエガキ式とか)をしています。
これも槽搾り(ふなしぼり)のやり方のひとつなのです。
d0003488_16531557.jpg
厚いアルミ板の間には、注入口のついた布袋(フィルター)が仕組んであります。
杜氏さんが「もろみ=醪」をホースで注入していきます。下から上に...何段あるかな?。
板の重みと醪の自重でどんどん清酒が・・、最後には上から油圧式ジャッキでプレス!。
こうして、かたや美味しいお酒が搾りとられ、酒粕は...ペッタンコ...と、残るのです。

この搾り方の続きは・・・、
「酒の絞り工程」「酒粕を取り出すところとその実際」...充実のレポートをご覧下さい。
...必見!...笑...。見た方は...よかったら...アチラにもコメント残してあげてネ。

また、酒粕について(その1…吟醸酒粕)でご紹介した酒粕は、
もっと古風で贅沢な搾り方をしています。
そのご紹介は、い・ず・れッ!!。
by arinco
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-18 17:53 | 酒粕ぜみ


<< 部員の皆様、教えてくださーい!!      酒粕入り春の納豆汁 >>