酒粕倶楽部

sakekasu.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 13日

赤いハーブティで酒粕羹…ブルーベリーソースで

d0003488_12214356.jpg酒粕を使った寒天デザート、
続編です。
ふたつ下↓↓「白桃」の酒粕羹
ウケが良く、
夏の定番デザートになりそうです。

今回は、果物に変えて、
ハーブティを使ってみました。
赤いハーブティ...
ハイビスカスの赤い色と
ローズヒップの酸味がベース

今回は、+ブラックベリー風味のを...。
4パックほどを濃く煮出し、
寒天+大吟醸酒粕+ヨーグルト+蜂蜜と。
甘さを控えめにして、酒粕羹に。

グラスに、酒粕羹を
ザクッとスプンですくって、
ブルーベリーのソースとキウイを
トッピングしました。
ソースの色とグリーンがきれい♪
d0003488_8511254.jpgちょっとシックな盛りつけなら、
四角く切って、
ブルーベリーのソースだけで。

真っ赤なハーブティが、
寒天?酒粕?蜂蜜?...
何かに反応して、やや渋色に。
赤!という予想は外れましたが...。

ari定番「杏仁豆腐」と、
ほぼ同じぐらいの柔らかさ。
さて、こうなると、次は...
酒粕杏仁豆腐...
いよいよ試してみたくなりました。

posted by arinco




■材 料■
    寒天…粉末またはタブレットで4g   水…300cc
    赤いハーブティ…ティーバッグ4(600ccのお湯で濃く煮出し550cc)
    大吟醸酒粕…180g  プレーンヨーグルト(無糖)…1カップ   蜂蜜…大さじ5〜7
    お好みで...フルーツソースや果物

■作り方■
    1 水300ccに寒天を溶かし、火にかけ、完全に煮溶かす。
    2 ポットに、赤いハーブティのティーバッグ4つを入れ、600ccのお湯を注ぎ、
      弱火にかけ、濃く煮出す(550ccまで)。
    3 1の鍋に、大吟醸酒粕180g全量をそのまま入れ、泡立て器などでよく混ぜる。
      アルコール分を飛ばしたい場合には、良く煮立てること。
    4 3の鍋に、2のハーブティを加え、さらに混ぜる。
    5 4の火を止め、蜂蜜→プレーンヨーグルトを入れ、よく混ぜる。
    6 5をすぐに流し箱に入れ、粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。
------------
   ★ 寒天は、粉末またはタブレット4g=1.5本分で計算してあります。
     通常の寒天:水分より、かなり多めの水分で、できあがりはとても柔らかいです。
     (水300cc+ハーブティ550cc+酒粕180g+ヨーグルト200cc+蜂蜜80〜100>1300cc)
   ★ また、もとの酒粕はかなりアルコール度数が高いです。
     前回の「桃の酒粕羹」より、今回は酒粕の分量を減らし、ヨーグルトを増やしました。
     お酒に強い方は、↑3であまり熱をかけないようにするとお酒らしさが楽しめます。
     が、アルコールが苦手な方は、↑3で少し長めに加熱し、
     さらに、粗熱を取る時にかなりアルコール分が飛びますので、
     ほとんど酒気は残りません。
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-06-13 09:35 | デザートいろいろ


<< 梅の酒粕漬け...仕込みました      大吟醸酒粕と純米吟醸酒粕...... >>