カテゴリ:とんでも!料理( 9 )


2007年 02月 06日

キムチおじや

キムチおじや 
久々のLJ風とんでも!! 料理だ。
友人の同行者が韓国人で、いつもおいしいキムチを作ってくれる。
ぼくが、今まで食べたキムチの中ではトップだ。
それを使った料理。

前に、ぼくのブログで紹介した牡蠣めしの登場だ。
ごはんと同量の水を入れ、キムチと戻した切り干し大根と少量のホタテパウダー、ラー油と酒粕を水に溶かしたもの(そう、甘酒の元です)。2分間レンジでチン。
キムチと酒粕がコクを出す。

味が薄ければ、塩で調節。
d0003488_23363647.jpg

by LiberaJoy
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-02-06 23:28 | とんでも!料理
2006年 01月 19日

たまには失敗作だって……

鮭の酒粕漬けを作った。なぜか、塩が多すぎ失敗した。でも、それを生かすのがLJです。
しょっぱくなりすぎた鮭を細かくちぎって、長ネギ、ゴマたくさん、白菜の漬け物を細かくしたもの、中華のクラゲ、ごま油、胡椒。水を多めにいれて、ご飯茶碗一杯でレンジで2分。
これは、はっきりいって料理ではないと思うが、いいでしょう。男の料理ということでお許しを。
きれいではないけど、酔った後には「マイウ〜ッ」。
by LiberaJoy
d0003488_21202974.jpg
d0003488_21204856.jpg

※すみません、この画像があると美しくないので、日付をいじりました。
やはり、arincoさんの記事の方を上にします。LiberaJoy
[PR]

by sakekasu-cooking | 2006-01-19 21:21 | とんでも!料理
2005年 11月 28日

納豆キムチ、酒粕入り

その名のごとく。あっ、またとんでも料理です。以前書いた、漬け物再生術に近いとは思いますが……。キムチの味が今イチなんて時、ほぼ同量の納豆をまぜて食べる。これはこれで十分、おいしいと思うけど、さらに同量の酒粕を入れると申し分なし。
これを全部食べないで、ちょっぴり残して、お湯を入れて、昆布茶をいれるとなんともいえない、さらに新しい料理になります。ここのところ、料理が投稿されないので……。
by LiberaJoy
d0003488_1412691.jpg

[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-11-28 14:02 | とんでも!料理
2005年 09月 05日

今日は食べ方が「とんでも」です

最近、凝っている万能ソース
このソースは「とんでも」料理というカテゴリーではありません。
簡単、簡単。酒粕1にヨーグルト1(ぼくは無糖タイプを使います)にマヨネーズ少々。
こどもが多い家族には酒粕と同量くらいでもいいかも。
まず、合うのは唐揚げ系の揚げ物。また、くせのある野菜にはよく合う。
春菊やクレソンなどはばくばく食べられる。
今日は、大柿の種を食べるのに使った。柿の種がスプーンでソースを食べるという感じです。
だから、もちろん酒のつまみですよ。
d0003488_20554655.jpg
d0003488_20555664.jpg

by LiberaJoy
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-09-05 20:56 | とんでも!料理
2005年 08月 15日

思いつきのLiberaJoyです、あ~ァ、腹へったよう

酔っぱらうと、とんでも料理
女性軍の料理には、美しさで負けます。でも、食欲には勝てず、何か食べるものを……と
冷蔵庫にあるもので、とりあえず、空腹を満たすため。
こういう時には、酒粕の持つ魔法の力を借りるに限る。
というわけで、キュウリとピーマンとツナ缶と酒粕マヨネーズのサラダなり。
レシピはいつものごとくナシです。すべてテキトーに。
これぞ、男子の料理なり。
酒粕の持つ苦みのようなものが、ビールのアテにぴったりです。
by LiberaJoy
d0003488_164538100.jpg

d0003488_16471774.jpg

[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-08-15 16:46 | とんでも!料理
2005年 07月 12日

とんでも料理のLiberaJoyです 冷やし茶漬け

今日の朝ごはんと昼ごはん
d0003488_15471727.jpg

夏の朝は冷やし茶漬け。今までも食べていたけれど、少量の酒粕がこんなにもこくを醸し出すとは……!! 本当に驚いています。ごはんを茶碗3分の1。鰺の干物半身(骨の付いていない方)をほぐして。塩少々。酒粕小さじ1。ごはんと同量の水を入れてから1分チン。その後、氷をドバっと入れる。溶けきったあたりが食べ時です。いただくときに、胡麻油たらり。ごはんに暖かさが少々残っていて、水との温度差が実においしい。
こりゃ、やっぱり酔っぱらいの料理ですね。
このところどなたもアップしていなかったので。
by LiberaJoy
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-12 15:54 | とんでも!料理
2005年 05月 23日

LiberaJoyのとんでもホットサラダ

家に帰ったら、ゆで卵とトマトのサラダが少~し残っていた。
こういうのを再利用するのはぼくの得意分野。
水菜ふたつかみとキュウリを半本細かく切って、残っていたサラダにプラス。
さァ、あとがLiberaJoy流。
酒粕小さじ1.5、顆粒の鶏スープ小さじ2、水50ml、オリーブオイル・米酢小さじ1と塩少々。
それを全部まとめて、レンジで2分。
酒粕がぷ~んといい香り。
もうひとつ、肝腎なものを忘れていた。
さきいかを細かく切ったものをテキトーに、混ぜるのがコツ。
これが実に歯ごたえと味を出すのです。
暖かいのを食べてもおいしいですが、残ったら冷凍庫で一気に冷やして、
食べても可。
こういうのを、酔っぱらいの「とんでも料理」と呼びましょう。

by LiberaJoy
d0003488_16172418.jpg

[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-05-23 16:20 | とんでも!料理
2005年 04月 20日

漬け物再生術

そろそろ仕事が遅くなり出した。それと、とんでも料理と関係はまったくない?
いやいや、午前様になるので、どうしても酒の力を借りないと眠れない。
つい、こういう酒の肴を作りたくなる。
漬け物を食べたいんだけど、今イチ「気に入らないな」なんていうことありませんか?
そんなときの必殺技です。
酒粕を使った漬け物再生術です。
元の漬け物を適当に細かく切り刻む。
今日は、ナスの漬け物と切り干し大根のキムチ。
そして吟醸酒粕。量はこんなもんかな?
少しお酒で緩くする。後は混ぜるだけ。
d0003488_12375168.jpg

d0003488_1238699.jpg

d0003488_12381742.jpg

by LiberaJoy
ちょっと甘い方がいいというのなら、みりんを少々でもいいかも。
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-04-20 12:41 | とんでも!料理
2005年 04月 13日

梅粕ペースト

d0003488_13321577.jpg
たたいた梅干と酒粕を混ぜて、ペースト状のものを作ってみました。
ちょっとつまんでみると、意外にもいける!?
とりあえずお酒のおつまみ風に、竹輪につめてみました。
このままだとアルコールを感じるので、衣をつけて揚げるとおいしいと思います。

残った梅肉ペーストは、先日のLiberaJoyさんの納豆に入れるというアイディアを拝借しました。
納豆+酒粕、一度してみたかったんです*^-^*
結果は、とっても食べやすかったです。
酒粕と納豆のクセをお互いに消してくれて、梅の酸味がまた食欲をそそってくれました。

byけたろん
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-04-13 13:40 | とんでも!料理