カテゴリ:酒粕トピックス( 9 )


2007年 02月 04日

酒粕のみそラ〜メン

久々に食べてみたい酒粕料理があったもので投稿しました・・・(伏見にもあるらしいけど)

南陽市宮内のラーメン店3店が、地元の酒造店の酒かすを使ったみそラーメン「宮内淡雪
ラーメン」を新たな特産品として開発し、3月までの冬季限定で提供を始めた。

南陽市は、若手の観光関係者らで構成する「観光みらいプロジェクト」を組織して夢のある
観光振興策を検討している。温泉振興・特産品開発部会は06年12月、宮内の山栄遠藤酒造店
(遠藤孝蔵社長)を見学。この中で酒蔵と宮内地区を同時にPRできる特産品をつくろうという
アイデアが出され、市観光物産課が宮内地区のラーメン店に酒かす入りみそラーメンの開発を
依頼した。

宮内淡雪ラーメンを提供している店舗と価格は
  ▽まるひろ(田村雅弘代表)=750円
  ▽三浦屋そばや(長谷部吉一店主)=700円
  ▽こうちゃんラーメン(高橋孝治店主)=700円−の3店。
いずれも山栄遠藤酒造店の酒かすをみそベースのスープで溶かし、それぞれ独自に工夫し、
まろやかな味わいに仕上げた。スープの中に溶けている酒かすが白い淡雪のようにゆらめいて
いることから「宮内淡雪ラーメン」と名付けた。

画像酒かすを使った新たな特産品として売り出した「宮内淡雪ラーメン」=南陽市宮内のまるひろ
http://yamagata-np.jp/newhp/kiji/200702/04/img20070204_006201.jpg
(清酒・東の麓「蔵人日記」より…酒粕味噌ラーメン試食会)
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-02-04 17:46 | 酒粕トピックス
2006年 08月 12日

酒かす大繁盛 「漬物に」人気後押し 京滋の醸造元売り切れ続出

滋賀県や京都府の造り酒屋で、酒かすが品薄になっている。酒かすで野菜を漬ける「かす漬け」の人気が高まっているためで、10年前には年中売っていたが、ここ数年は販売を始めて2、3カ月で売り切れるという。
 大津市の造り酒屋「平井商店」は毎年、約3トンの酒かすを作り、6月末に売り出す。以前は売り切れることはなかったが、3年前からは8月中に完売している。専務の平井享さん(53)は「取り合い状態。京都や大阪からも注文があり、郵送している」と打ち明ける。
 長浜市の酒店「はしもとや」は、県内の造り酒屋の酒かすをインターネット上で販売している。今年も6月末から売り、すでに6種類のうち4種類を完売した。店主の佐野誠一さん(46)は「注文は全国からある。初めて漬ける人も多く、漬け方の説明を求められる」と話す。毎年600キロを予約制で販売している京都市上京区の「佐々木酒造」も「数年前から問い合わせが増えている」という。
 品薄の理由の一つは、日本酒離れで清酒の生産が減少し、酒かすの生産も減っているためだ。平井商店の生産量も、日本酒の生産がピークだった1989年ごろの5分の1ほどだという。
 一方で、かす漬けはちょっとしたブームになっている。かつては主に農家の保存食だったが、塩押ししたキュウリやウリを漬けるだけの手軽さが受け、主婦だけでなく、定年退職した男性も楽しんでいるという。
 昨年、かす漬けを始めた大津市の主婦辻坂久子さん(68)は、今年もキュウリ200本を漬けるために酒かすを24キロ分買った。「簡単で、おいしい。酒かすが無くなると困るので、急いで買いに来た」と話していた。
 県内の造り酒屋51社でつくる県酒造組合連合会によると、各社とも酒かすの問い合わせが殺到しており、「人気は全国的」という。ただ、造り酒屋にとって酒かすは副産物だけに、連合会の宮武嚴夫事務局長は「日本酒の生産が増えれば、酒かすも増えるのだが」と複雑な表情だ。
(京都新聞) - 8月11日10時29分更新
[PR]

by sakekasu-cooking | 2006-08-12 13:43 | 酒粕トピックス
2006年 02月 16日

酒粕屋台 at 吉田神社節分祭(京都)

d0003488_6394462.jpgこんにちは
京都駐在員より 酒粕レポートです

2月3日 吉田神社節分祭

700店もの露店が並び
今年もとてもにぎやかでした
漬物 八ツ橋 湯豆腐のたれなど
京都名物もたくさん軒をつらねて
デパ地下なみの楽しさです

酒粕を売る屋台も毎年出店
こちら「玉の光」の酒粕です


by sand_gasa
[PR]

by sakekasu-cooking | 2006-02-16 06:41 | 酒粕トピックス
2006年 02月 07日

酒粕の疑問

こんにちはーっ。suisuikichiです。

ふと思った。

酒粕、酒粕って言ってるけど、日本酒以外にも「酒粕」を食べるor飲む
お酒ってあるの??

ちょっと調べてみたら、ワイン粕やウィスキー粕、焼酎粕は牛さんの
飼料されているらしいです。でも、人間が食べるって言う記述には辿り着かず・・・。

「酒粕」が美味しいお酒は日本酒だけなのでしょうか??

すいません、酒粕倶楽部、ちょっと脱線投稿でした。

by suisuikichi

あるいは、chougyo
[PR]

by sakekasu-cooking | 2006-02-07 00:06 | 酒粕トピックス
2005年 12月 22日

京都伏見発 酒粕ペペロンチーノのご紹介

d0003488_16471257.jpg
2005年12月9日京都新聞夕刊
「美食菜食」コーナーに
おいしそうな酒粕パスタが載っていました!

お店は「ペスカモンターニャ
地元で人気のイタリア料理店だそうです


ぜひお試しあれ
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-12-22 17:00 | 酒粕トピックス
2005年 12月 17日

京・伏見「新酒米飴」

おやおやぁ???何ッ???これッ???
まったくぅ!!!もーいやぁーん!!!...なのです。
発見!発見!大・発見!。。。興奮しました。。。

d0003488_21444638.jpg
●今日は、イクスピアリまで出掛けました。
 目的の店は、このエリアで一番地味なスーパーマーケット「成城石井」
 何か面白いものないかなぁと、店内をフラついていて...目に飛び込んで来たのが...この飴。
 味は...甘酒みたい...めっちゃオイチイです。^^ 京都「伊藤軒・酒米飴」どすえッ!。
 ありそうでなかったよなぁ!オマエっ!...って感じ!。よぉデケテル...エライッ!。
 米飴となっていますが、主な原料は...何と...酒粕!と水飴。
 かなり良い酒粕でないと、この味にはならないなぁ...食べた感想です。
 気になる方に...問い合わせ先など...お教えしちゃいましょう!。^^

袋のラベル公開!
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-12-17 21:59 | 酒粕トピックス
2005年 09月 29日

「酒粕で健康」時代の到来? 月桂冠が酒粕商品を開発 

全国の酒粕ファンのみなさん こんにちは

9月29日付け京都新聞に、以下のような記事が載っていましたのでお知らせします。
「酒粕ペプチド」で血圧低下効果 月桂冠と日本新薬が共同開発

ちょこっと抜粋;
「酒粕ペプチドは、アミノ酸が数個連なった構造を持つ物質で、酒かすのタンパク質を酵素で分解して製造する。月桂冠大手蔵(伏見区)の専用ブースで抽出し、粉末状で出荷する。
 同ペプチドは、血圧上昇にかかわるアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する働きがある。1日2グラムを約10人に4週間、経口投与したところ、最高血圧の平均が145から138に下がったという。」
だそうです。

酒粕で健康ブーム!2005年は酒粕元年か?
時代がいよいよ酒粕倶楽部に追いついてきましたねー、ふっふっふ。

by sand_gasa
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-09-29 15:54 | 酒粕トピックス
2005年 07月 27日

“土佐酒粕パン”販売開始のお知らせ

■ひとつ前の記事でご紹介した純米吟醸「文佳人」酒粕トーストが、
 いよいよ発売されたという連絡が蔵元さんから届きました。
「文佳人」杜氏・甚六の歩路来でも、
 “土佐酒粕パン”発売のお知らせの記事がアップされました。
 地元販売や地方販売についてのくわしいご案内は、そちらでご覧下さい。
■また、このパンの共同開発や発売までのいきさつなどが、
 7月27日・高知新聞・朝刊ヘッドラインでも紹介されています。

d0003488_1552143.jpg
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-27 15:26 | 酒粕トピックス
2005年 07月 14日

純米吟醸・文佳人「酒粕トースト」のデビュー!

ことしの3月15日に、この「酒粕倶楽部」が産声をあげ、
きょうは、7月14日。丸・4ヶ月が経ちました。

現在の倶楽部員は8名。それぞれが個性溢れる料理を紹介し続け、本日までの総エントリー数は何と74本。カテゴリーには「酒粕活用…健康編」「酒粕活用…美容編」なんてのもある...。だけど...ひたすら「食いモン」にのみ関心を示す部員たち!。あっぱれ!見事じゃ!。うぉ〜っ!...笑...。

d0003488_17351147.jpg●その中に、「パン(*_*)」の記事が5本。
 どれもみんな美味しそう!たまらん!。

●で、何かとお世話になっている
 高知県の「文佳人」蔵元さんが、
 倶楽部のみんなが作るパン(*_*)に...、
 超!反応!。
 こりゃ・どうにもコウニモ...、
 やるっきゃナイ!...と、
 刺激をうけて、
 国産小麦と天然酵母にこだわりの
 地元「さくらベーカリー」さんと
 手を組み、開発!。
 素晴らしい「酒粕トースト」ができました。

●撮影役と、
 このパンのモニター役!?、
 arincoのところに、
 四国からパンが届きました。
 うん!...撮影より試食がうれしいぞ!。
d0003488_1714193.jpg●...ドヒャっとマイウ〜!。。。
 迫力の感動作!。。。
 口福・至極!。。。
 
●倶楽部の皆さんのお手製パンを
 眺めては...うらやましい思いだった...。
 自作・酒粕パン体験者のみなさんの
 「美味ひィ〜〜い!」と言う言葉!...。

●こうして、
 初めて酒粕パンを食べてみて、
 超・実感!、
 アレって、
 コレだったのですね!...。

●もぉ〜...訳がわからない位...、
 支離滅裂なarincoでした。 m(_ _)m
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-14 18:28 | 酒粕トピックス