酒粕倶楽部

sakekasu.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 31日

酒粕入り♪チーズディップ

d0003488_22475656.jpg

よくいくパン屋さんにあるクリームチーズディップをまねてつくってみました。

このパン屋さんのディップは、焼酎をつかっている、とのことだったので、
焼酎を酒粕にかえて・・・、黒砂糖、レーズン、チーズなどをまぜるだけ。
今回は、クリームチーズの分量をかなり減らして、リコッタチーズでつくってみましたが、
カテッジチーズなどでもいいと思います。

パンやさんのディップとかなり近いものができましたが、
お酒の風味もかなり残っていて、とてもおいしかったです。
それから、リコッタチーズのおかげで、クリームチーズだけよりもあっさりと、そして軽くなりました。
今日は、ベーグルにはさんで食べましたが、フランスパンやソフト系のぱんにも合うと思います。

簡単なので、ぜひお試しくださいね♪

akko

酒粕入りチーズディップのレシピ
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-31 22:54 | パン(*_*)
2005年 03月 30日

酒粕茶漬け

そうそう、忘れてましたが酒粕デビューを果たしてからもう1品作りました。
名付けて酒粕茶漬け。

その日は午前様で、夕食も食べてない。
1時過ぎていたし、あまり食べると気持ち悪くなりそう。
でもこのままじゃお腹すいて眠れない。
で、お茶漬けを食べる事にしました。
お茶漬けでも本当に簡単なヤツで、永谷園のお茶漬け海苔を使用。
それにわさびとゴマ、そしてとろけるチーズをちぎったものをのっけます。
そこまでやってから思い付きで、酒粕を加えてみました。
お茶碗一杯に対して、酒粕大さじ1杯くらい。
そこにお茶を注いで出来上がり。

おいしい!
お茶を注いだ時点で、いい香りがしてきました。
普段食べるものより、コクがあるのです。

ただ。
お茶漬けにチーズをのっけることに抵抗あるかもしれないですね。
自分のブログにこのお茶漬けの事(酒粕なし)をアップしたことあるんだけど、
反応は鈍かった…。
別にチーズは入れなくても充分おいしいと思いますけどね。
また、鯛茶漬けとか、鯛までいかなくても鮭茶漬けとか、
ちゃんとナマの魚を使うような高級茶漬けでも美味しいのかどうか?
もしかしたら、インスタントのお茶漬けのりだから
美味しかったのかもしれない。

お茶漬けにチーズ、抵抗ない方はお試しあれ。
味は保証します!

えーと。
画像はしょぼいので省略。今度上手く撮れたらアップします。

【追記】
酒粕の量はお好みで。私はお茶碗1杯に対して大さじ1(山盛り)入れましたが、
これくらい入れると酒粕の味がばっちし出ています。
コクを出すだけであれば、もっと少なくても(小さじ1くらいに減らしても)
充分に美味しいと思います。
また、インスタントのお茶漬け海苔以外にゴマ、わさび、チーズをのっけましたが、
その他にも焼き海苔やこんぶ、梅干しなど、お好みでどうぞ!!

byAJ
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-30 21:42 | 和風料理…その他
2005年 03月 30日

ワンタン二種

先日酒粕が届いてからまず甘酒を作り、美味しくてうっとり。
夜は早速活用せねば!と作ったのが、 arincoさんの摩訶不思議の包み揚げからアイディアをもらい、
アボガドと酒粕と生ハムをワンタンの皮で包んで揚げてみました。
画像は、なんと、、、取り込みに失敗、消えてしまいました。とほほ。。
お味の方は、アボガドのとろりと生ハムの塩気でんまい!
ただあまり酒粕のアルコールが飛ばなくて、少し苦かったかな。


d0003488_13563826.jpgこちらはその翌日作った豚肉と海老に葱と生姜と酒粕を練り込んだワンタンのスープ。暖まるお味でした。
酒粕を入れるとほんわか甘みが出るのはいいんですが、かすかに酒粕の苦みが感じられました。この苦み、なんとか消える方法ないですか?

by coo
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-30 14:06 | 酒の肴?的
2005年 03月 30日

酒粕ショートブレッド

d0003488_13374324.jpg


皆様初めまして。cooといいます。
紹介して頂きながら、なかなかお邪魔出来ずにいました。
この度arincoさんの美味しそうな画像につられ、
えいやっと10キロの酒粕を買ってしまったので、
せっせと消費すべくレシピ検索中です。
exciteのblogは初めてで、少々操作にとまどっております。
見にくかったら、ご意見お願いします!

本日作りましたのは、酒粕ショートブレッド。
焼いている間中チーズと酒粕の甘い香りが漂っていました。
参考にさせて頂きました レシピはこちら
クリームチーズの分量を酒粕を少々の生クリームで伸ばしたものに変えました。
酒粕が入っていると焦げやすいみたいで、うっかり焦がしてしまいました。
でもお味は‥‥酒粕のほんわりした甘みが効いて、さっくさく、うまいですぅ〜♪


by coo
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-30 13:43 | お菓子いろいろ
2005年 03月 30日

酒粕でびゅー!

手に入れましたよ、酒粕をっ!
これで私も酒粕デビューです!!

近所のスーパーを何件か廻ってみましたが、やっぱりお薦めの四国の蔵元さんから購入。
スーパーでは、そこによって置いてある場所はマチマチでした。
漬物コーナーにあったり、納豆と一緒に並んでいたり。
どこも目立たないようにひっそりと存在してました。
いろんなメーカーがあるんですねえ。
ビニール袋の上から押してみたりしたけど(こら)手触りもそれぞれ違いました。
見かけも全く違うし。
例えば納豆だったら、メーカーによってルックスが全然違うって、あまりないのに。牛乳も。
だけど酒粕は違うのねー。


そうそう、酒粕って固いテクスチャーなのね。

画像で見てると、雪のようだったので手で触った感覚も、
雪のように軟らかいんだろうと勝手に想像してました。
お味噌より固いものね。
私おしゃもじで、えいっと力を込めないと取り出せなかったわ。
まー、これも酒粕の個性でそれぞれ違うんでしょうね。

で、感動の初対面を果たした後は。

お約束として直接口にいれてみました。→フルーティー!
残りもののけんちん汁にいれてみました。→コクがでました。
焼いて海苔で巻いてみました。→これウマイっ!
ミルク入りの甘酒を作りました。→身体があったまります。

うーん、満足、満足です。
AJ的には、焼いて海苔で巻いたもの…磯辺巻きというのかしら?
味付けはしょうゆとみりん。
これが一番ヒットだった。
お腹もポカポカ☆


実はけたろんさんのストロベリー・ラテが作りたかったんだけど、
イチゴが高くて手が出なかった。残念…。
(AJのイチゴ適正価格は1パック¥290以下。)

こうなったら華々しく画像付のオリジナルレシピや、力投作品を披露したいとこですが、
まだそこまでいってません。
最近はちょいと時間がなくて、酒粕どころか家で料理をしてないのです。
もう少し余裕ができたら、いろいろチャレンジしてみるつもり。

なんとか酒粕の中にチーズを漬けておくことだけはこなしましたよ!
それから、もう1つソーセージも漬けてみました。
さて、どうなるでしょうか?
うーん、楽しみっ☆

とりあえず、ご報告まで。

byAJ
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-30 10:54
2005年 03月 29日

酒かす♪ごまブレッド

d0003488_8513339.jpgけたろんちゃんに続き、酒粕を使ったパンのご紹介です。
パンが大好きなので、いろいろ調べてみると、酒粕酵母パンもあるみたいで・・・。
今日は、酒粕とゴマ入りのパンにしてみました。


天然酵母パンは、焼きあがったときに酒粕っぽい香りがするので、似たような香りがするのかなあと思ったのですが、そうでもないみたい。香りは、ドライイーストのパンと似ているようです。
それから、けたろんちゃんが書いていらっしゃるように、焼き色も濃いし、トーストすると香ばしいいいにおい♪
お味は、しっとりしていて、ほんのりとした甘み。今日は、お友達からいただいた栗みつをかけていただきました。やさしい味のパン♪おいしかったです。いろいろアレンジがききそうなので、また違うバリエーションかんがえてみます。
d0003488_8521110.jpg
akko

酒かす♪ごまブレッドのレシピです
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-29 09:05 | パン(*_*)
2005年 03月 28日

酒かすタードクリーム!?

d0003488_12105211.jpg
甘さ控えめの、酒粕入りのカスタードクリームです。
なんとな~く、酒粕のいい香りがするかな?
言われなければ、わからないかも!?

クラッカーのディップとして、シュークリームに挟んで、お好きなようにお召し上がりください。
今日のお昼は酒粕パンに塗って食べました^-^;
いつも作るカスタードクリームに酒粕を加えただけなので、お好みのカスタードのレシピがあれば、
同じように酒粕を適量加えて作っていただければよろしいかと思います。

これは全卵使っているので、卵黄のみ使うタイプよりあっさりとした仕上がりです。
卵白があまらないので、私は重宝しています。

<材料>200mlできます。
卵1個 砂糖40g 薄力粉25g 牛乳200ml 吟醸酒粕30g
バター10g バニラエッセンス少々

1.酒粕を牛乳少量ドロドロになるまでゆるめておく。
2.ボウルに卵と砂糖を入れて溶きほぐし、茶こしで薄力粉をふるいながら混ぜる。
 牛乳も少しずつ加え、よく混ぜる。
3.②を漉しながら鍋に移し、①も入れる。
 (米粒感の残っている酒粕を使い、なめらかなクリームに仕上げたい場合は裏ごして入れてください。
 私はつぶつぶが残ってもいいなと思ったのでそのまま加えました)
4.中火にかけて、だまができないよう、絶えずヘラや泡だて器で混ぜ続けます。
5.とろみが付いたら火からおろし、バターとバニラエッセンスを加えて混ぜます。
 気長にぐるぐる混ぜていれば、ツヤのあるクリームができます。

*熱いうちはゆるく思えますが、冷めると固めのクリームにちゃんとなります。

by けたろん
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-28 12:11 | デザートいろいろ
2005年 03月 28日

酒粕入りのサクサクふかふか食パン

d0003488_1221116.jpg
ホームベーカリーで焼く、シンプルな食パンです。
甘みを抑えてあるので、バター&ジャムを付けても、朝食の目玉焼きに添えても、なんでもOK。
今日は、あんこ&バターです。
和風で合いそうな気がしたので、どうしてもこの組み合わせをしてみたかったのです。
トーストすると、サクサクふかふかの焼きあがりです。(焦げやすいので注意)

酒粕を入れているせいか、よく膨らむような気がします。
イーストと一緒に発酵を促進してくれるのかもしれません!
焼き色は比較的、濃い目に付くようです。

これはまた、ほんのりチーズっぽい香りがするんです。不思議。

<材料:HB1斤分>MK精工のHBを使用
強力粉250g 牛乳170ml 吟醸酒粕30g 
砂糖大さじ1 塩小さじ1/2 バター20g ドライイースト3g(小さじ1強)

*全ての材料をHBに入れ、スタートボタンを押す。

*ふわふわ感が強くなるようなので、は強力粉の一部(20g)を薄力粉にして作っています。

by けたろん
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-28 12:07 | パン(*_*)
2005年 03月 25日

酒粕ホワイトソースdeもっちり餅グラタン

d0003488_12224831.jpg
餅好きにはたまらない!?
お餅の入った、モチモチの食感が楽しいグラタンです。
rinaさんのグラタンに触発されて、作りたくなってしまいました。

一口大にカットしたお餅を耐熱皿に並べ、ソースををかけてチーズをのせて焼くだけ!
(餅はさっと水にくぐらせ、レンジで十数秒ぷくっとするまでチンすると柔らかくなって切りやすいです)
マカロニを茹でる手間がないので、ラクチン!
具はなんでもいいので、酒粕ホワイトソースのレシピだけをアップすることにします。
酒粕が入ることでコクup!体もあたたまりますよ~。(今日の函館は吹雪…さむっ)
今日は、海老とほうれん草を入れました。           byけたろん
d0003488_12443640.jpg


酒粕ホワイトソースの作り方
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-25 12:42 | 洋風料理
2005年 03月 25日

酒粕の種類いろいろ(選び方・買い方・使い方のご参考に…)

酒粕倶楽部の部員AJさんから…
大吟醸酒粕か純米吟醸酒粕か?ドッチ?
ドコで買えるの?…という質問がありました。


同じような疑問や興味をお持ちの方もたくさんおられるかと思います。あまり難しいことはご説明できませんし、また「使う人によって各種酒粕とのつき合い方?も違う!」というのが実際のところ...。
でも、とりあえず一生懸命...汗かきながら!...レポートしてみましょう!。
-------------------------------------------------------------------
酒粕の種類は、結論からいうと、市場に出回っている各酒蔵の各種日本酒全種類と同じだけ(=仕込みのタンク数)以上にあって、その全ての味が違う…ということになります。各お酒の元=仕込まれたもろみの質や味が違うから、当然のことですが...。
●まず、搾られたばかりの新しい酒粕と、様々な温度環境などで保存され時間を経た熟成酒粕とでは、元が同じ酒粕でも、また別物に変化していきます(ん?人間と同じ!)。
●これは、ほとんどのお酒には「火入れ」という、品質や味を安定させる工程があるのに対し、酒粕は、搾られたあと、加熱で発酵を止めるということが、まずありません。また、場合によっては、数年を経ても余程のことがなければ、酒粕は、色が変わろうが...味が変わろうが...「限りなく生き物である」ということです(ますます人間的!?)。
-------------------------------------------------------------------
●実際の市場に出回っている、今年の新酒の酒粕のいくつかを、ごらん下さい。
■各種酒粕のサンプル■上下が一組、同じものです。
d0003488_1211527.jpg
●左から、並べ方があまり良くありませんでしたが...。
  ■「川鶴…香川県」地酒屋さんで入手...500gで250円ぐらいか。袋入り。500y/kg
    柔らかく厚めの板状…米粒感あり、ぽったり。本醸造酒の酒粕
  ■「手取川…石川県白山市」...地酒屋さんで入手...2000gで値段不明?、袋入り。
    柔らかく厚めの板状…米粒感あり、ぽったり。純米吟醸の酒粕
  ■「月桂冠…京都府」...スーパーマーケットで入手...200gで239円、袋入り。1195y/kg
    キッチリとしたやや薄めの板状…米粒感なし、ネットリ。普通酒の酒粕
  ■「開運…静岡県」...地酒屋さんで入手...800gで500円,パック入り。625y/kg
    ナゼか、ポロポロぱさぱさした感じ…米粒が固く残っている。大吟醸の酒粕
●こうしてみると今年の新酒の酒粕でも、もとのお酒の品種、また搾り方が違うことがうかがえます。そして、不思議なことに、値段が質と一致していないように感じます。「特定名称酒(純米酒、吟醸酒=純米吟醸・純米大吟醸・吟醸大吟醸)の酒粕」と「普通酒の酒粕」はクッキリと違うとは言え、各酒蔵のお酒の造り・搾りによっては、一見してコレが何?とわからない場合もあるということです。吟醸酒の酒粕については、酒粕について(その1…吟醸酒粕)で、ちょっとご説明(画像あり・補足説明加筆)をしてありますので、それもご参照下さい。(上の「開運」の酒粕は、大吟醸にしては変わったタイプ。普通、大吟醸酒粕はモッタリした感じのものが多いです。)
-------------------------------------------------------------------
●次に、手持ちの熟成粕と新粕のサンプルを、同じ蔵「文佳人...高知県」のもので見比べてみましょう。
d0003488_11464158.jpg
●いずれも純米吟醸の酒粕で「袋ふね搾り」されたものです。
袋から出したばかりの粕の厚みは2cm(←クリック!画像リンク...撮影eppieさん)もあり、お酒をまだかなりたくさん含み、ややボソッとした感じorシットリぼったり、味香りも豊か。
  ■左・1年前の熟成もの...熟成した美味しさ
   冷蔵庫で保管、ほんの少し黄色みを帯びドロドロと溶けたように軟化。米粒感あり。
  ■右・今年の新搾りもの...室温で、好みの軟らかさになるまで管理した状態。
   フレッシュで甘味もある美味しさです。
   冷蔵庫で保管するため袋詰め、ぼったり重いクリーム/ペースト状。米粒感あり。
-------------------------------------------------------------------
●最後に見ていただくのは「(常温)熟成粕」です。これは味噌ではありません、味噌のミの字も入っていません...念のため...。割と固めのシッカリした酒粕(久保田...新潟県)を、半年以上、常温で保管(蓋つき容器に詰めたまま放置)したものです。
d0003488_11443579.jpg
●これは、親しい酒屋さんに教えられ、酒粕は常温でおいても腐敗しない!色が変わっても大丈夫!と言われ...勇気を奮い...熟成粕を作る!体験に挑んだのでした。入手したての酒粕は、初めは白っぽいクリーム色→うっすらピンク→夏過ぎには赤っぽい色→秋には茶色っぽくなってきました。香ばしい風味のものとなり...ナルホドなぁ...と実感。。。(買った酒粕がハズレ~の場合などに...挑戦してみてください。。。)
参考……酒蔵などでは、酒粕をタンクに詰め込み熟成粕とし、赤っぽく色づいた夏頃に掘り出して漬物屋さんなどに出荷するようです。それを「踏み込み粕」と呼ぶそうです。つまり...家庭でも...ミニ踏み込み粕が仕込めるということです。
●茶色っぽくなった熟成粕には、少量の砂糖と味醂を混ぜ、塩ゆでした豆腐などを漬けこんでいます。塩を加えたり調味して、野菜の漬け物作りにも使えます。全く「奈良漬け」の漬け粕(床)そのものです。(ご参考…「豆腐の粕漬け・仕込み」「豆腐の粕漬け・二種」)
-------------------------------------------------------------------
●ここで見ていただいたのは、酒粕のいろいろですが、普通に料理などで使うのならば吟醸粕と呼ばれるもの(板状でもごく柔らかいものかペースト状)が、米や酒の旨味もあり美味しく扱いやすい・応用範囲も広い...ということが多少の経験と比較から言えるかと考えています。
●また、使い道によって違う酒粕を選んだり(板粕は板形状を利用すると面白い)、逆に各種酒粕をそれぞれ使い分けると良いでしょう。後は、皆さんが、店頭にある各種酒粕を実際に手に取ったり、使ってみたり...美味しそうな色・ツヤ・香りのものを選んでください。概して見た目の雰囲気は、そのまま味に反映される...と...感じています。
-------------------------------------------------------------------
●さて、ドコで買うか?という問題・・・
 蔵元>地酒専門店>酒類量販店>デパートやスーパーマーケット>一般食料品店
 ということになろうかと思います。
 インターネットでの通販の利用も良いけれど、
 どんなものが届くのか?、事前によく確かめて購入するようにしましょう。
-------------------------------------------------------------------
●なお「酒粕倶楽部」では「文佳人」蔵元さんと交渉し、
 「吟醸酒粕の特別通販!」で購入いただけるよう(感動保証つき!)、ご案内しています。
----------
by arinco

■板状の酒粕を使用する場合(補足説明)■…追記
  ●板状の酒粕には、
   1 米粒感のない酒粕(米の粉を使用しているのか?...例=↑の月桂冠のタイプ)
   2 米粒感の残った酒粕  ・・・・・・があります。
  ●1・2いずれも、それぞれ、厚み・堅さ柔らかさ・お酒の残留分などが違います。
  ●板形状のものをそのまま焼いて食べる...などの場合には、それに適した酒粕のご利用を。
  ●また、ペースト状にして使う場合には、その酒粕の状態により、
   水や酒等を加え...浸し、すり鉢ですりつぶすか、フード・プロセッサ等で撹拌します。
(以上.......長くなって・スマソ!)
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-03-25 12:27 | 酒粕ぜみ