酒粕倶楽部

sakekasu.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

倶楽部に2人の方が入部されました…ご紹介

●7月29日、新しいメンバーが2人誕生しました。
 これで、酒粕倶楽部の部員数は、ちょうど10人になりました。
 みなさま、どうぞ仲良くしていきましょう!。

●今回、仲間になられたのは、次の2名の方です。
 「kyotan」さん。
 「釣り師の妻」のsuisuikichiさん
 さっそくユニークな酒粕の味わい方の記事↓をエントリーしてくださいました。

●新しいメンバーさん達が、
 酒粕の味わい方や利用法の世界を、もっと広げてくださるのが楽しみです!。
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-31 20:58 | お知らせ
2005年 07月 29日

鰈+酒粕+海苔の佃煮

はじめまして!

私のブログからの転記で申し訳ないのですが、、、

d0003488_0515432.jpg


「雪の松島」と言う日本で最も辛口と言われる酒粕と、海苔の佃煮を1:1の割合で混ぜ混ぜする。
これを鰈(かれい)の薄作りに乗せて、くるりと巻いてワサビ醤油にチョイチョイとつけて頂く。

そして、この余韻が残っているうちに、日本酒の生原酒をグビリ!!

あんまりにも美味しくって、気が付いたら鰈の刺身は全部食べちゃった後だったので、取りあえず、酒粕+海苔の佃煮のスプレッドの画像だけアップします。

このスプレッドは、胡椒煎餅に塗って食べても美味しいし、熱々のご飯に乗せて頂いても食欲倍増です。是非、試してみてくださいね。

by suisuikichi
......chougyo
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-29 00:52 | 酒の肴?的
2005年 07月 27日

“土佐酒粕パン”販売開始のお知らせ

■ひとつ前の記事でご紹介した純米吟醸「文佳人」酒粕トーストが、
 いよいよ発売されたという連絡が蔵元さんから届きました。
「文佳人」杜氏・甚六の歩路来でも、
 “土佐酒粕パン”発売のお知らせの記事がアップされました。
 地元販売や地方販売についてのくわしいご案内は、そちらでご覧下さい。
■また、このパンの共同開発や発売までのいきさつなどが、
 7月27日・高知新聞・朝刊ヘッドラインでも紹介されています。

d0003488_1552143.jpg
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-27 15:26 | 酒粕トピックス
2005年 07月 14日

純米吟醸・文佳人「酒粕トースト」のデビュー!

ことしの3月15日に、この「酒粕倶楽部」が産声をあげ、
きょうは、7月14日。丸・4ヶ月が経ちました。

現在の倶楽部員は8名。それぞれが個性溢れる料理を紹介し続け、本日までの総エントリー数は何と74本。カテゴリーには「酒粕活用…健康編」「酒粕活用…美容編」なんてのもある...。だけど...ひたすら「食いモン」にのみ関心を示す部員たち!。あっぱれ!見事じゃ!。うぉ〜っ!...笑...。

d0003488_17351147.jpg●その中に、「パン(*_*)」の記事が5本。
 どれもみんな美味しそう!たまらん!。

●で、何かとお世話になっている
 高知県の「文佳人」蔵元さんが、
 倶楽部のみんなが作るパン(*_*)に...、
 超!反応!。
 こりゃ・どうにもコウニモ...、
 やるっきゃナイ!...と、
 刺激をうけて、
 国産小麦と天然酵母にこだわりの
 地元「さくらベーカリー」さんと
 手を組み、開発!。
 素晴らしい「酒粕トースト」ができました。

●撮影役と、
 このパンのモニター役!?、
 arincoのところに、
 四国からパンが届きました。
 うん!...撮影より試食がうれしいぞ!。
d0003488_1714193.jpg●...ドヒャっとマイウ〜!。。。
 迫力の感動作!。。。
 口福・至極!。。。
 
●倶楽部の皆さんのお手製パンを
 眺めては...うらやましい思いだった...。
 自作・酒粕パン体験者のみなさんの
 「美味ひィ〜〜い!」と言う言葉!...。

●こうして、
 初めて酒粕パンを食べてみて、
 超・実感!、
 アレって、
 コレだったのですね!...。

●もぉ〜...訳がわからない位...、
 支離滅裂なarincoでした。 m(_ _)m
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-14 18:28 | 酒粕トピックス
2005年 07月 12日

とんでも料理のLiberaJoyです 冷やし茶漬け

今日の朝ごはんと昼ごはん
d0003488_15471727.jpg

夏の朝は冷やし茶漬け。今までも食べていたけれど、少量の酒粕がこんなにもこくを醸し出すとは……!! 本当に驚いています。ごはんを茶碗3分の1。鰺の干物半身(骨の付いていない方)をほぐして。塩少々。酒粕小さじ1。ごはんと同量の水を入れてから1分チン。その後、氷をドバっと入れる。溶けきったあたりが食べ時です。いただくときに、胡麻油たらり。ごはんに暖かさが少々残っていて、水との温度差が実においしい。
こりゃ、やっぱり酔っぱらいの料理ですね。
このところどなたもアップしていなかったので。
by LiberaJoy
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-07-12 15:54 | とんでも!料理