酒粕倶楽部

sakekasu.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2005年 11月 30日

ごく普通の粕汁

粕汁が美味しい季節がやってきましたね。
粕汁の記事がない!...って声が聞こえてきました。^^
ではでは...昔からある...普通の粕汁を...ご紹介しましょう。

●今日の粕汁が...「that's 粕汁」というものの唯一の佇まいではありません。
 具だって、出汁がおいしければ...芹や春菊、三つ葉と油揚げだけでも...粕汁です。
 豚や鶏を使った粕汁も美味しいですね。
 汁だって...味噌との混合や、醤油を使ったもの、塩だけがベースのもの...
 いろいろ...お好みのままなのです。
●下↓の粕汁は、根菜類と塩鮭、そして鰹・昆布だしと、
 たっぷり吟醸酒粕+塩で仕立てたものです。
 雪の様に白い...とっぷりと濃い粕汁にしてみたかったのです。
 ご参考までに作り方を...。

d0003488_4531592.jpg■ 材 料 ■
 
  大根・金時人参・里芋・牛蒡
  生しいたけ・コンニャク・揚げ
  芹...三つ葉など
  塩鮭(アラでも良い。塩ブリも美味)  
  昆布鰹だし・(吟醸)酒粕

■ 作り方 ■

1 昆布+鰹だしに、
  大根+牛蒡+人参+里芋を入れ
  柔らかくなるまで煮る。
2 途中で、コンニャク+揚げも入れる。
3 塩鮭を一口に切り、2に加える。
4 おいしいお汁ができたら、
  どろどろに溶いた酒粕を加え
  塩で味を調え...少し煮る。
5 お椀に盛りつけ、
  香りのある青み野菜を散らす。

●柔らかい吟醸酒粕を使う場合には、鍋の中に直接入れてもフワリと解けていきます。
 板粕を使う方は、水などで柔らかくし、さらにおつゆを混ぜて、
 すり鉢やブレンダーでどろどろにしてから溶かしていきましょう。
●出汁がおいしいければ...塩鮭や塩ブリは、後から焼いて汁にいれてもよいのです。
 また、酒粕だけでなく味噌を好みの量ミックスすると、またひと味違う味わいだし、
 醤油を隠し味にする方もいます。
●いわゆる豚汁を...酒粕仕立てにするのも、楽しみです。
 みなさんも...いろんな粕汁...作って...こんな組み合わせが美味しかったよ!って、
 どんどん投稿やご紹介してくださいね。

posted by arinco
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-11-30 05:43 | 和風料理…汁物
2005年 11月 28日

納豆キムチ、酒粕入り

その名のごとく。あっ、またとんでも料理です。以前書いた、漬け物再生術に近いとは思いますが……。キムチの味が今イチなんて時、ほぼ同量の納豆をまぜて食べる。これはこれで十分、おいしいと思うけど、さらに同量の酒粕を入れると申し分なし。
これを全部食べないで、ちょっぴり残して、お湯を入れて、昆布茶をいれるとなんともいえない、さらに新しい料理になります。ここのところ、料理が投稿されないので……。
by LiberaJoy
d0003488_1412691.jpg

[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-11-28 14:02 | とんでも!料理
2005年 11月 16日

二人目の…♥男性部員♥…誕生!

うれしいお知らせいたします!。

今この倶楽部の部員は何人いたっけ...多分...11人だったような...。
だんだん分からなくなってきています...ariは...。 ^^;

ところで、昨日...新しいメンバーが...おひとり誕生しました...?これで12名?。
さっそくご紹介しておきましょう。

「machさん」です。
    ...LJさんについで...二人目の男性倶楽部員です...わぁっ♥...。

●ご本人の入部希望コメントから...引用ご紹介...

 >こんにちは
 >無銘良酒さんから紹介してもらいました。
 >彼から、生まれて初めて大吟醸の酒粕をみせてもらい(味見も)
 >人生の経験値が足りないと実感いたしました。
 >倶楽部のメンバーに入れてください。


 とのこと...です。みなさま...よろしく!。

(posted by ari)
[PR]

by sakekasu-cooking | 2005-11-16 13:17 | お知らせ