<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 17日

お手軽!簡単!美味!…魚の酒粕漬け

本日は、初心に帰って、当たり前すぎる「簡単!魚の酒粕漬け」...いってみましょう!。

●過去に、
 「これ、おいしいね。」の...けたろんサンは...「銀むつで粕味噌漬け」を...。
 「my favorite things!」の...cooサンは...「粕味噌漬けのポークソテー」を...。
 「Akko's favorite」の...Akkoサンは...「粕味噌づけチキン♪オーブン焼き」を...。
 「OKANの素」の...eight-bサンは...「牡蠣の粕漬け」を...。
 既に、それぞれ発表されています。

●ところで、今さらジロー♪なのですが、今回は、酒粕オンリーver.(=味噌抜き)です。
 切り身で買ってきた、塩鮭・甘塩鱈・文化鯖などでも、同じように酒粕だけで粕漬けができます。
-----
d0003488_1310342.jpg
posted by arinco

実況版…酒粕漬け
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-02-17 15:20 | 和風料理…焼き物
2007年 02月 14日

酒粕入り!柚子餡の「浮島」...二種

d0003488_16552359.jpgそれは、今年の元日のことでした。
「宗家源吉兆庵の賚果(らいか)」というお菓子を食べました。
いかにも新春にふさわしい...招福吉例といった滋味に心惹かれました。
柚子釜に、「浮島」という生地を入れた蒸し菓子。
食べながら、その「浮島」に、白餡だけではなく、
山芋とか道明寺粉の味わいを感じたのは錯覚だったかも知れませんが、
それからというもの...酒粕と「浮島」と柚子...この3つを組み合わせて、
酒粕のお菓子ができるのではないか...そう考え続けてきました。
しかし、酒粕を使った「浮島」のレシピなんて、探してもありません。
はて、お菓子作り苦手なariには、登れそうにもない険しい山か?...。
しかし、不屈!...「浮島」レシピを参考に...どうにかこうにか。^^;
--------------------------------------------------
d0003488_16563779.jpgすでに...コチラの記事でお披露目済みですが、
作り方は「酒粕倶楽部」でご紹介しようと、
えっちらオッチラ。。。
これ→は、柚子釜の中に、
酒粕と練り柚子入りの小豆餡を使った「浮島」、
百合根と白胡麻を入れたアレンジです。

一般的な「浮島」…こちらや、
この材料と作り方(pdf.)を、ご参考に。
通常は、「餡」「卵黄」「卵白」「小麦粉」などで
作るのが「浮島」のようです。
今回は、迷った末に、「餡」に変えて、
「市販のさらし餡(粉末)」に、
「酒粕」と「練り柚子」を混ぜてみました。

うまく行くんだろうか?不安と期待の一幕。
さぁ!できました!。
思ったより膨らんで、ひょうきんな顔!...@@
リッチな酒粕の味わい...これは良い!。
恐い物知らず...の、瓢箪から駒!。^^
posted by arinco
--------------------------------------------------

さぁて...作ってみたドキュメント...^^
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-02-14 19:42 | お菓子いろいろ
2007年 02月 06日

キムチおじや

キムチおじや 
久々のLJ風とんでも!! 料理だ。
友人の同行者が韓国人で、いつもおいしいキムチを作ってくれる。
ぼくが、今まで食べたキムチの中ではトップだ。
それを使った料理。

前に、ぼくのブログで紹介した牡蠣めしの登場だ。
ごはんと同量の水を入れ、キムチと戻した切り干し大根と少量のホタテパウダー、ラー油と酒粕を水に溶かしたもの(そう、甘酒の元です)。2分間レンジでチン。
キムチと酒粕がコクを出す。

味が薄ければ、塩で調節。
d0003488_23363647.jpg

by LiberaJoy
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-02-06 23:28 | とんでも!料理
2007年 02月 04日

酒粕のみそラ〜メン

久々に食べてみたい酒粕料理があったもので投稿しました・・・(伏見にもあるらしいけど)

南陽市宮内のラーメン店3店が、地元の酒造店の酒かすを使ったみそラーメン「宮内淡雪
ラーメン」を新たな特産品として開発し、3月までの冬季限定で提供を始めた。

南陽市は、若手の観光関係者らで構成する「観光みらいプロジェクト」を組織して夢のある
観光振興策を検討している。温泉振興・特産品開発部会は06年12月、宮内の山栄遠藤酒造店
(遠藤孝蔵社長)を見学。この中で酒蔵と宮内地区を同時にPRできる特産品をつくろうという
アイデアが出され、市観光物産課が宮内地区のラーメン店に酒かす入りみそラーメンの開発を
依頼した。

宮内淡雪ラーメンを提供している店舗と価格は
  ▽まるひろ(田村雅弘代表)=750円
  ▽三浦屋そばや(長谷部吉一店主)=700円
  ▽こうちゃんラーメン(高橋孝治店主)=700円−の3店。
いずれも山栄遠藤酒造店の酒かすをみそベースのスープで溶かし、それぞれ独自に工夫し、
まろやかな味わいに仕上げた。スープの中に溶けている酒かすが白い淡雪のようにゆらめいて
いることから「宮内淡雪ラーメン」と名付けた。

画像酒かすを使った新たな特産品として売り出した「宮内淡雪ラーメン」=南陽市宮内のまるひろ
http://yamagata-np.jp/newhp/kiji/200702/04/img20070204_006201.jpg
(清酒・東の麓「蔵人日記」より…酒粕味噌ラーメン試食会)
[PR]

by sakekasu-cooking | 2007-02-04 17:46 | 酒粕トピックス